不要な不動産は売ってしまおう|不動産売却で高く売るコツ

賃貸経営が楽になる

女性

物件管理を委託する

賃貸住宅を所有する場合には、賃貸管理をいかに効率よく行うかを考える必要があります。例えば会社員ならば、日中に賃貸管理をすることは物理的に困難です。そこで、賃貸管理を管理会社へ委託することは大きなメリットがあります。家賃の回収をお願いすることができますし、建物や敷地にトラブルがあった場合の対応も賃貸会社へ管理を委託していれば、オーナー自らが対応する必要はありません。また、賃貸管理会社に委託する内容によっては、建物の修繕から入居者同士のトラブルまでをすべて委託することができますので、楽に賃貸経営を行うことができます。つまり収益だけを得ることができるので、管理を委託することは大きなメリットがあります。

安定した収益を得る

賃貸管理を委託することで、家賃収入をより確実に得る方法があります。それは、サブリースによる一括借り上げです。賃貸物件のオーナーにとっては、空室によるリスクがついて回ります。空室を多く抱えた場合には、家賃収入は途切れますが、賃貸物件の維持管理費は必要になりますので、赤字になることもあります。そんなリスクを回避するために、賃貸管理を委託する会社と、サブリース契約をすることはお薦めできます。サブリースをした場合には、オーナーには管理会社から決まった家賃が振り込まれます。賃借人を探す作業や、入居後の管理、また物件の修繕やトラブルの対応などを一括して任せることができるので、安定した収益を得るために、賃貸管理会社とサブリース契約をするオーナーは増加しています。