不要な不動産は売ってしまおう|不動産売却で高く売るコツ

成功は知識の習得から

講師

必要な情報を能率的に学べることが、不動産投資セミナーの魅力です。特にこれから不動産投資を始める場合なら、入門用のセミナーへ参加することで、シッカリした不動産投資の基礎が築けます。また不動産投資セミナーは、プロの着眼点やノウハウが学べる貴重なチャンスでもあります。

マンション経営時の味方

電卓とお金

アパート、マンション経営では様々なリスクがあります。中でも大きなものが、家賃滞納、空室リスクです。しかし家賃債務保証を利用すれば、これらのリスクを回避できます。これからアパート、マンション経営を行う方は、選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

賃貸経営が楽になる

女性

賃貸住宅の管理を委託することは、家賃の回収や入居者同士のトラブル、建物の修繕等をすべて任せることができるので、オーナーにとってメリットがあります。またサブリース契約を賃貸管理会社と締結すれば、安定した収益を得ることができます。

不動産は地元業者が有利

家の模型とお金

利用予定のない物件は

自宅と離れた実家を相続した場合など、特に活用する予定がない不動産を千葉県でお持ちの際は、売却することも1つの方法です。不動産は所有しているだけでも固定資産税や都市計画税などが毎年発生しますから、手放して資金を得ることも一考に値します。その際は、現在お住まいのエリアにある不動産業者に売却を依頼することも可能ですが、不動産売却は地元業者の方が有利なため、千葉県の不動産業者に相談することが得策です。地元業者なら、千葉エリアで分譲物件を探している購入希望者が数々登録されていますから、仲介販売を行う場合でも、買い手が見付かる可能性が高くなります。そして、仲介による不動産売却では、一般契約をはじめ、専任契約や専属専任契約など、契約区分が3つに分かれていますから、それらの内容を把握することが大切です。

3つの契約内容の違い

仲介販売で最もベーシックな契約方法が一般契約となりますが、この方法では契約先に制限がありませんので、複数の業者と仲介契約が交わせます。ですから不動産売却を申し込む千葉県の地元業者を、1社に絞り込めない時に最適な契約方法です。また、売主本人が買主を探して売却することもできます。そして、専任契約では契約先が1社に限定されますので、他社とは仲介契約ができません。ただし一般契約と同様に、売主本人が買主を探して売ることは可能です。それに対しまして、専属専任契約は契約先が1社に制限されるほか、売主が買主を探し出した場合でも、不動産業者を経由して売買する必要があります。3つの契約方法の中では特に制約が厳しいですが、それだけに営業活動へも1番尽力してくれる契約方法です。そのため、千葉県の不動産売却を効果的に遂行したい時は、有力な契約スタイルとなります。