不要な不動産は売ってしまおう|不動産売却で高く売るコツ

マンション経営時の味方

電卓とお金

利用する際の注意点

アパート、マンション経営で大切なのは、空室補充です。アパートやマンションの部屋がすべて埋まっていれば問題ありませんが、空室が出てしまうと収入に影響が出てきます。そういう時に便利なのが、家賃債務保証です。家賃債務保証があれば、たとえ空室が出ても収入に影響が出ることはありません。アパート、マンション経営で家債務保証を利用する時は、次の点に注意してください。まず利用料金です。家賃債務保証のサービスを利用するには、利用料金がかかります。家賃保証会社の多くは初期費用として、毎月の家賃の30%から100%の料金が必要です。さらに毎年更新料がかかりますので、ある程度の資金を用意しておく必要があります。そして、事故報告にも注意してください。事故報告を怠ると代位弁済をしてくれません。そのため、オーナーがすべての費用を負担することになります。利用する際は以上の点に注意するといいでしょう。

メリットの活用

アパート、マンション経営の予定がある人の中には、家賃債務保証の利用を考えている人も多いのではないでしょうか。家賃債務保証には、様々なメリットがありますので上手く活用するといいでしょう。家賃債務保証の最大のメリットは、何といっても家賃滞納リスクと空室リスクの軽減です。アパート、マンション経営では、家賃滞納、空室リスクはつきものです。自分で解決する人もいますが、どうしても時間と手間がかかります。また、アパートやマンションの数が多いと管理が困難になることもあります。そういう時に家賃債務保証かがあれば、家賃滞納、空室が出ても安心して業務を行えます。このように家賃債務保証には大きなメリットがありますので、利用してみるといいでしょう。